Linkman 2連式ボリューム A特性 格安店 200Ω RD925G-QA1-A201 151円 Linkman 2連式ボリューム A特性 200Ω RD925G-QA1-A201 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 配線・接続部品 151円,200Ω,vortago.com,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 配線・接続部品,A特性,/Capito1314617.html,Linkman,2連式ボリューム,RD925G-QA1-A201 Linkman 2連式ボリューム A特性 格安店 200Ω RD925G-QA1-A201 151円 Linkman 2連式ボリューム A特性 200Ω RD925G-QA1-A201 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 配線・接続部品 151円,200Ω,vortago.com,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 配線・接続部品,A特性,/Capito1314617.html,Linkman,2連式ボリューム,RD925G-QA1-A201

Linkman Seasonal Wrap入荷 2連式ボリューム A特性 格安店 200Ω RD925G-QA1-A201

Linkman 2連式ボリューム A特性 200Ω RD925G-QA1-A201

151円

Linkman 2連式ボリューム A特性 200Ω RD925G-QA1-A201

商品の説明

こちらのシリーズは軸径φ6mm、2連可変抵抗器です。
イメージ写真は同じでも軸の長さに違いがあることがあるので仕様(数値)を確認してください。
可変抵抗器は軸の回転角と抵抗の変化の関係に種類があり、通常はAカーブと、Bカーブ、まれにCカーブのものが使われます。
○Aカーブは指数変化でオーディオのボリュームコントロール(音量調整)用に最適です。
○Bカーブは直線変化で一般機器の電圧調整等に使います。
○CカーブはAカーブの回転方向を逆にしたものでアンプの利得調整などに使います。
基板取り付け型の小型2連ボリュームです。
Aカーブなので音量調整用に適します。
本製品はスイッチ無しですがスイッチ付もあります。
・抵抗変化特性:A
・抵抗値:200Ω
・抵抗値許容差:±20%
・定格電力:0.025W
・外形:10mm×12mm×9mm
・シャフト(ΦD×L):φ6×15mm
・軸:溝形
・機械的回転角度:
・使用温度範囲:
・取付:
・回転寿命:
・取付:基板実装
・用途:音量ボリューム等

Linkman 2連式ボリューム A特性 200Ω RD925G-QA1-A201

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »